2022年05月17日

遠くを見て目をリラックスさせるにはコツがあります

昔から、遠くを見ると目が良くなるなんて言葉をよく聞きませんか?

これは間違いではありません。

でもどうやって見るのかが大切です。

いつも近くのスマホやパソコンをみて仕事をしている人

勉強をする学生さん

そんな方は一日のうちで近くを見る時間が長くなります。

そんな方は遠くを見て目を休めるといいと思います。

例えば

遠くの山を見る

この時の見方が大切です。

山を一生懸命見てはいけません。

山の輪郭をはっきり見る

遠くの家をどんな家かなと思ってみる

遠くを走っている車を数える、追いかける

と、言ったことは全く目を休めていないのでいけません

全体的に

なるべく景色を広~~く見ることが大切です

ボっ~~と、広~~く見ているつもりでも

一生懸命見ていると力が抜けず目がリラックスできません。

人それぞれ、クセがあって

広~~く見るのが苦手な人しっかり見てしまう人

などそれぞれです。

どんなふうに力を抜いてみるのか分からないという方は、ぜひご相談くださいね

見方のコツをお伝えしています