INDEX

2022年09月1日

補聴器と集音器はどう違うの?とお客様から質問がありました

補聴器と集音器はどう違うの?とお客様から質問がありました

お客様から
「補聴器と集音器ってどう違うの?」
と質問がありました。

「補聴器と集音器の違い」

新聞広告などで「集音器」の販売を見かけます。
見た目の違いはあまりありませんが
内容は大きく違います。

集音器は、比較的正常な聴力の方が音を大きくクリアに聞きたい人に向いています。音がそのまま大きくなるといった感じです。

それに対して補聴器は自分が聞きにくい高さ(波長)の音を大きくしたりすることができます。

また補聴器は医療機器で、厚生労働省が定める基準をクリアして製造・販売をしています。

耳穴式、耳かけ式などがあります。聴力や使い勝手、生活スタイルに合わせてご提案をしています

補聴器を使いこなすには

●聴力を測定する

●認定補聴器技能者のいるお店で聴力に合わせて調整してもらう

●購入後も調整や点検をしてもらう

●補聴器ができること、できないことを理解する

●つける練習、音に慣れる練習をする

ことだと思います。


耳の中に入れるというのは
とても抵抗があることだと思います。

私もお客様や自分の両親がつけているのを
見ていると、そう感じんています。

認定補聴器技能者の補聴器担当のともやさん

補聴器の種類(耳穴式や耳かけ型など)も購入前に視聴をして、自分が思っている音、使い方に、近いものを購入する、また練習することが大切です。

当店では
補聴器購入前の視聴、貸し出しを行っています。すぐに販売するのではなく、購入までにお貸出しをして補聴器を調整し週に1度来店いただいています。

その後
「うん、これなら使えそう」
と思っていただけたら、購入をして頂いています。


認定補聴器技能者のともやさんが対応しています。

購入後から、お付き合いが始まるのが補聴器です。
ぜひ、行きやすいお店、聞きやすいお店でお求めくださいね。

聴力測定の防音室も完備しています

2022年05月31日

補聴器をプレゼントするにはご注意を

補聴器をプレゼントするにはご注意を

当店では20年以上補聴器も取り扱っています。

認定補聴器技能者のともやさんが相談、聴力測定、補聴器の調整、設定、

聞こえの確認、掃除、点検などお一人お一人に合わせて補聴器を調整して販売しています。

補聴器はメガネよりさらに調整が必要です。

先日のお客様のお話です。

「娘が補聴器をくれた。どうやって使ったらよいのかわからないし、聞こえない、うるさい」

と、ご相談がありました。

お父さん、お母さんと話すときに

  • 大きな声を出さないといけない
  • 何度も聞き返す
  • 電話に出ない
  • 会話が成り立たない

など、子供からすると何とか補聴器をつけて、聞いてほしい何かあった時に心配など、不安になると思います私も両親が補聴器をつけ忘れていると大きな声を出したり、つい怒ってしまいます

でも、補聴器のプレゼントは絶対におすすめしません
なぜなら補聴器は聴力を測定してきちんと合わせて、使い方、聴き方を説明し何度も調整や練習をして、やっと使いこなせるようになるからです。

プレゼントされて「はい、聞こえるわ」というのは、おそらく一瞬だけでなかなかぴったりと合う人は稀だと思います。脳に近い耳で、音が大きく聞こえると疲れる、しんどい、酔った感じがするなど違和感を感じます。いちいち測定に行くのはめんどうと、思われるかもしれませんがお店でご本人が来て合わせることが必須です

また、補聴器はそのお店が取り扱っているメーカのみ調整できるのがほとんどです。

当店ではリオネット補聴器、オーティコン補聴器を取り扱っています。その他の補聴器の調整は

プログラムがないので調節できません。

せっかくお金を出してプレゼントをするならご本人と一緒に行って聴力を測り、購入することをおすすめします購入後も調整や点検が必要になるので、近くのお店、行きやすいお店を選ぶのもポイントです。そしてお店に行く前には、耳鼻科を受診して耳の検診、聴力検査をしてもらうことも大切です。当店では、補聴器のこと、聞こえのこと、どうすればよいのかなどの購入前のご相談も行っています。


お電話、ご来店、LINEでお気軽にお問い合わせくださいね。

続きを読む